日本人男性の60%以上を占める包茎の種類

日本人男性の60%以上を占める包茎の種類

包茎とは、ペニスの包皮口が狭い事が原因で亀頭を露出できない状態のことです。
包茎には主に3種類あります。
1つ目は日本人男性の中でもっとも多いと言われる『仮性包茎(かせいほうけい)』
平常時に亀頭の全体もしくは一部が包皮に覆われている状態だが、勃起時には痛み等を感じず亀頭全体を露出できる場合の事を仮性包茎と言います。

 

しかし仮性包茎でも治療が必要な場合とそうでない場合があります。
勃起時に手で剥かなくても亀頭が露出できれば軽度の仮性包茎、
反対に勃起時でも包皮が多く余ってしまう場合は重度の仮性包茎
このように仮性包茎にはさまざまな状態があります。

 

 

2つ目は平常時・勃起時も包皮が剥けず亀頭が全く露出されず、包茎の中でもっとも重症とされるタイプの『真性包茎(しんせいほうけい)』です。
真性包茎は仮性包茎と違い、さまざまな問題が発生しやすくなってしまいます。
皮を剥くことが出来ず、常に亀頭が包皮に覆われているため恥垢が溜まりやすく悪臭を放つようになり、早漏や性病などになるリスクが高まるため早期の手術が必要となります。

 

 

最後の3つ目は勃起時に激しい痛みを感じてしまう『カントン包茎』です。
平常時は亀頭を露出することが出来るので仮性包茎と同じですが、勃起時に亀頭を露出しようとなると、亀頭が皮に締め付けられ痛みを感じることになります。
軽度の場合は少し違和感がある程度で激しい痛みを感じることはありません。
しかし重度の場合、強い締め付けを感じ、無理に包皮を剥こうとすると戻らなくなってしまう可能性が高まり、最悪の場合亀頭が鬱血して壊死してしまうケースもあります。

 

 

以上、3つの包茎の種類をご説明しましたが、全ての包茎は不衛生のため早漏や尿道炎になるだけでなく性病にかかる確率が一気に上がり、包性行為を通じて女性にも菌を移してしまう恐れもあります。

 

手術に対して不安を感じ治療をためらってしまう方も多いですが、ほとんどのクリニックではカウンセリング時に、カウンセラーから最適な治療法を提案してもらえます。
手術内容でも痛みを全く感じさせない麻酔や、手術後の傷跡が残らない技術を導入しているクリニックが多く存在しますので、まずは不安を解決してくれそうなクリニックを探しましょう。